*使用方法*・・・のつづき

3.外部ファイルで複数ページに設定

ほかのページにも同じスタイルシートを適用したい場合は、
スタイルシートだけを書いた外部ファイル(***.css)を別途つくり、それを各ページが読み込む形にします。

「style.css」
H2{color:red}




「***.html」
<HTML>
  <HEAD>
    <TITLE>鍵盤打楽器</TITLE>

    <LINK REL="STYLESHEET" TYPE="text/css" HREF="style.css">

  </HEAD>

  <BODY>
      <H2>シロフォン</H2>
      木琴の一種。中音〜高音域。硬目のマレットを使用することで、コロコロとした甲高い音を出すことができる。
      <H2>マリンバ</H2>
      木琴の一種。低音〜中音域。毛糸などで巻いた柔かめのマレットで、低音を響かせる。
    (以下略)

この方法で、複数のページに一括指定が可能です。

この方法の便利なところは、
たとえば「やっぱ文字は青色がいいや」と思ったとき、外部ファイルだけ書き換えればいいということです。

以上、スタイルシートの設定方法は
  1. <SPAN>や<DIV>で部分的に設定、もしくはタグに直接設定
  2. <STYLE type="text/css">〜</STYLE>にまとめて設定
  3. 外部CSSファイルにまとめて設定
の3つがあることがわかりましたね。
どれを使うのも自由ですが、オススメは 2. と 3. です。
なぜなら、あとあとの手入れが楽だからです。

しかし、たとえば
H2{color:red;}
と書くと、ページ内の<H2>が全部、赤(red)になりますが、
ある部分だけは青(blue)にしたい、なんてこともありますよね。
そこで、次のページへ→




Copyright (C) 7tag project dv