*使用方法*

JavaScriptを使うには、大きく分けて2つの方法があります。

1.HTML中に組み込む

適用したいページのHTML内に、JavaScriptプログラミングを記述する方法です。
ここでは7タグトップページの右上のほうにある「お気に入りに登録」ボタンを例にとって説明します。(これは動きません!)
←こういうやつ。


JavaScriptは、<SCRIPT type="text/javascript"></SCRIPT>間に記述します。
<SCRIPT>は基本的にどこに書いても平気ですが、たいてい<HEAD>〜</HEAD>間に書きます。

<HTML>
  <HEAD>
    <TITLE>旅行記</TITLE>

    <SCRIPT type="text/javascript">
    <!--
    var FavURL = "http://www.xxx.co.jp/xxx/";
    var FavName = "旅行記";
    //-->
    </SCRIPT>

  </HEAD>

  <BODY>
      <H1>旅行記</H1>

      <INPUT type="button" value="お気に入りに登録" onClick="window.external.AddFavorite(FavURL,FavName)">

    (以下略)

<INPUT type="button" value="xxx">は、「xxx」という「ボタン」を表示するHTMLタグですが、
これをクリックしたとき(onClick)、「window.external.AddFavorite(FavURL,FavName)」というJavaScriptを動作させる、というものです。

「FavURL」「FavName」には、それぞれURLとホームページ名(「お気に入り」登録名)を指定しますので、
ボタン表示タグより先に指定しておく必要があります。
つまり、<HEAD>〜</HEAD>間に書いてあれば問題はないのです。

※「<!--」と「//-->」はコメントアウトです。
JavaScript非対応ブラウザでこのページを開くと、<SCRIPT>タグは単に弾かれますが、中に書いてある「var ナントカ」などは 弾かれず、そのまま表示されてしまいます。
そこで、非対応ブラウザのために、中身をコメント(ホームページに表示されない文字列)化しておいてやります。




Copyright (C) 7tag project dv